社会福祉法人 川崎市社会福祉事業団

ホーム
../複合福祉施設 KFJ多摩 イメージ
ひろげよう、笑顔のふれあい
イメージ
インデックス
 
KFJ多摩について

 「KFJ多摩」は、『ひろげよう、笑顔のふれあい』をスローガンに、平成18年4月に開所しました。
社会福祉法人川崎市社会福祉事業団が建設から運営に取り組むスタイルをはじめて導入し、
保育所(なのはな保育園)障害福祉サービス事業所(生活介護「はなもも」・就労継続支援B型「はなみずき」)、児童館(すかいきっず)の4つの施設機能を有した複合型の福祉施設です。
在宅障害者の支援と、保育・児童健全育成事業の推進、並びに地域コミュニティーの拠点として多くの方にご利用いただける開放型の福祉施設として機能することを目的としています。
 「KFJ多摩」では開所から、障害福祉と児童福祉のサービスを同じ建物で運営し、効果をあげていくことをひとつの目標として、事業に取り組んできました。そして今日では、「KFJ多摩」ならではの運営形態が、様々な形で実を結んできています。
 職員一同「市民から信頼され、選ばれる福祉サービスの提供」に努め、皆様のご利用をお待ちしています。



【構造】
鉄筋コンクリート造 4階建て 最高18m
敷地面積
1,494m2
延床面積
2,750m2


【沿革】
平成16年10月
川崎市の多摩区登戸地区区画整理事業に伴う「多摩福祉館」移転計画に伴い施工開始
平成18年1月
竣工
平成18年4月
開所


【川崎市社会福祉事業団】
 社会福祉法人 川崎市社会福祉事業団は、全ての利用者が地域社会において、安心して快適な生活が営める福祉社会づくりをめざしています。当事業団は、4つの基本理念を定め、利用者一人ひとりが個性を大切にされ、充実した地域社会生活を送れるよう、質の高い福祉サービスの提供に努めています。


【基本理念】
充実したサービスの提供
時代やニーズの変化を先取りした新しい福祉サービス、市民や利用者から信頼され選ばれる福祉サービスの提供をめざします。
職員の資質・能力の向上
組織の一員であるとともに、自分で考え主体的に行動し解決する能力を有する職員の育成及びチームワークに貢献できる協調性をそなえた職員の育成に努めます。
地域に根ざした施設運営
地域に根ざした福祉活動を通じて豊かな地域福祉社会の発展に貢献します。
法人の経営基盤の整備
社会福祉事業者として、継続的なサービスを提供できる経営をめざし、運営基盤の充実・人事管理体制の確立・多角的な事業経営に取り組みます。


【職員規範】
「私たちは、市民から信頼され、選ばれる福祉サービスの提供に努めます」
倫理
社会人・職業人として法令や社内ルールを遵守します。
信条
誠意を尽くし、すべての仕事に真心と信念をそそぎます。
尊敬
信頼・尊敬・敬意をもって相互理解に努め、責任を果たします。
自主自立
何事も自分で考え、主体的に行動し、継続させます。
目標
自分の成長がわかる目標を掲げ、常に改善し、成長し続けます。

ページトップ

サイトマップ
Copyright (c) 2008 KFJtama. All right reserved.
デザイン・販促支援 株式会社ノーブランド